上條研究室

研究テーマ

  • 運転支援および自動運転システム
  • 車載センサ融合技術
  • 車車・歩車間通信技術
  • 次世代交通信号制御技術
  • ナビゲーション技術の高度化
  • 人物行動把握によるセキュリティー監視システム

車載センサ融合・歩車間通信による歩行者検知

kamijo-1 kamijo-2
歩行者センシングは、安全運転支援、自動運転技術の核である。車載カメラやLIDARのヒュージョンによる歩行者検知、Zigbeeデバイスを用いた歩車間通信による歩行者検知および位置特定技術の研究を行っている。

次世代信号制御技術

都市交通問題の解決のため、インテリジェント画像センサを活用した信号制御技術を提案している。画像センサを用いて、車両と歩行者の挙動を詳細に観測することで、双方の需要の同時最適化を行う。また、自動運転時代を見据えて、路車および車車間通信を用いた路車協調およびマルチエージェント型の交差点制御の研究を行っている。当該技術はこれまでの信号制御を代替する可能性を秘めている。

アーバンポジショニング技術の高度化

kamijo-3
GNSSのNLOSやマルチパスの問題を解決することで、いわゆるurban canyonにおけるポジショニング精度の改善に関する研究を行っている。また、スマートフォンのジャイロ、磁気センサとの融合により、さらなる精度改善が可能となる。GNSSの精度向上は、カーナビにも応用可能で、自動運転におけるレーンポジショニングにとって重要な要素技術となる。

セキュリティーカメラにおける人物姿勢認識

kamijo-4
近年激増しているセキュリティーカメラは、安全安心のためだけでなく、マーケティングの観点からも有用である。店舗カメラを用いて顧客の姿勢を分析し、その人物がどの程度の関心を示しているかを理解するための認識技術の研究を行っている。